【元記事をASCII.jpで読む】

 国内はもちろんのこと、世界中で抜群の知名度を誇るカプコン対戦格闘ゲームストリートファイターシリーズの最新作、『ストリートファイター6』が6月2日に発売した。それから1ヵ月ほど経つが、ゲーム販売プラットフォーム「Steam」では、ゲーム売り上げ上位にランクインし続けている。

 複雑なコマンドを必要としない新たな操作タイプモダン操作」の導入や「ドライブシステム」などの新規要素によって、初心者から上級者まで読み合いを楽しめるようになっており、この好調な滑り出しの大きな要因になっている。また、プロゲーミングチームCrazy Raccoonが主催した、招待制大会「Crazy Raccoon Cup Street Fighter 6」も大いに盛り上がったことは記憶に新しい。

 近年はPCゲーミングが隆盛していることもあり、『ストリートファイター6』をきっかけにゲーミングPCの購入を考えている人も多いだろう。とはいえ家庭用ゲーム機と異なり、ゲーミングPCは採用するCPUGPUといったハードウェアの性能にばらつきがある。ゆえに、ある程度の知識がないと「遊びたいゲームに必要な性能がどのぐらいか」を把握することが難しい。

 そんな方には特定のゲームタイトルを快適にプレイできることを保証した、「ゲーム推奨PC」がオススメ。今回紹介するサイコムの「G-Master Velox II Intel Edition SF6」は、同社の定番モデルである「G-Master Velox II Intel Edition」をベースにした『ストリートファイター6』向けのゲーム推奨PCだ。

ストリートファイター6』を快適に遊べる鉄板PC

 フレームレートが上限60fpsとなる通常の対戦はもちろん、同作の目玉モードである「ワールドツアー」などのさらなるハイフレームレートが解放される場所でも快適にプレイできる。もちろん、ほかの人気PCゲームでも、フルHDプレイなら十分頼りになるスペックなので、初めてのゲーミングPCにもうってつけだろう。

 とはいえ、その性能とは具体的には一体どのぐらいなのか気になるところ。というわけで、G-Master Velox II Intel Edition SF6の試用機を用い、『ストリートファイター6』における実際の性能を確認していく。

 ちなみに、今回扱った試用機のスペックは標準構成と同じ仕様だった。

強化ガラスサイドパネルを採用した「モノトーンPC」

 ベースモデルG-Master Velox II Intel Editionの特徴は、受注生産式のBTOパソコンながら細かいカスタムが必要ない「選びやすい1台」というところ。サイコムが標準構成のPCパーツを厳選し、PCに詳しくないユーザーストレスになりがちなBTOメニューをあえて減らしたモデルになっている。

 PCケースシンプルかつモダンな外観が人気のメーカー、Fractal Designの「POP Silent White TG Clear」を標準で採用している。側面の強化ガラス製パネルから見える内部のマザーボードビデオカードは、標準構成では基本的に白または黒基調のモデルを選定。

 この統一感のあるモノトーンスタイルが、全体のスマートな印象作りにひと役買っている。ゲーミングPCというとRGB LEDで光らせるモデルが多い中、清潔感や爽やかさも感じられる品のある見た目は逆に印象的だ。

 本体サイズはおよそ215(W)×473.5(D)×454(H)mmと、標準的なミドルタワーらしい大きさ。床置きはもちろんのこと、卓上でも十分運用できるサイズ感だ。なお、フロントにある2基のPCケースファンと下部の電源ユニットで吸気、サイドフローCPUクーラーと背面ファン1基で排気する構造のため、側面は壁に近づけて設置しても問題ない。

 コスパ重視でマザーボードを選ぶと、インターフェースまわりがやや心配になるものの、フロント上部にはトレンドのUSB Type-Cも備えている。有線LANは1Gbpsで、無線LANBluetoothといった無線通信機能はない。しかし、対戦格闘ゲームで危なげなく遊ぶには有線接続のほうが安心かもしれない。

 性能に関して言えば、CPUは「Core i5-13400F」、GPUは「GeForce RTX 3060」なので、ゲーミングPCとしては十分な性能があると言える。一般的なディスプレー解像度であるフルHD、あるいはWQHDであれば多くのゲームタイトルで快適なプレイが期待できる。

 メモリーDDR4-3200の8GB×2、ストレージは容量500GBのPCIe 4.0対応SSD「P5 Plus」を採用と、こちらもゲーミングPCとしてそつのない仕様だ。『ストリートファイター6』は60GB以上のストレージ空き容量を推奨しているため、本作1本をプレイする予定であれば保存容量は十分と言える。

 そもそも、Steamなど近年のゲーム販売プラットフォームは、ほとんどのタイトルクラウドセーブに対応している。ゆえに、ゲームをPCからアンインストールしても、セーブデータサーバー上に保持しておけるので、あまりローカルストレージの容量にこだわらなくてもいい環境が整いつつある。

 しかし、近年のゲームは1本で容量100GBを超えるような大作も珍しくない。複数ゲームを並行してプレイしたい人なら、標準構成の500GBからアップグレードしたほうがいいかもしれない。ちなみに、サイコム2023年8月6日までP5 Plusの1TB/2TBモデル5000円引きになる「サマーキャンペーン」を実施中なので、ちょうどいい機会だろう。

 CPUクーラーはNoctuaの「NH-U12S redux」を標準採用。120mmファンを搭載したサイドフロー型で、Core i5-13400Fであればなんなく冷やしてくれる。電源ユニットは650WのSilverStoneSST-ET650-HG」。CPUGPUも消費電力がそこまで大きくないモデルなので、電源容量には余裕がある印象だ。総じて、標準構成のまま運用してもまったく問題ないモデルであり、そのあたりがサイコムの定番人気製品になっている理由なのだろう。

ワールドツアー」でもフルHD100fps超えの快適動作

 ここからは、G-Master Velox II Intel Edition SF6パフォーマンスを確認していこう。Steam版『ストリートファイター6』のシステム要件を見てみると、CPUCore i7-8700/Ryzen 5 3600、GPUGeForce RTX 2070/Radeon RX 5700 XTとだいぶ世代が古い。対して、本機のCPUGPUはどちらも推奨環境よりも新しい世代のモデルで、性能も余裕で上回っている。

 なお、『ストリートファイター6』のフレームレートについては、対戦中は対人戦・CPU戦問わずに全モード60fpsが上限となる。一瞬の駆け引きが重要になる対戦格闘ゲームにおいて、なるべく両プレイヤーの環境をフェアに統一するための配慮だろう。一方で、メニュー画面や新モードである「ワールドツアー」、オンラインロビーの「バトルハブ」など対戦以外のシーンでは上限が120fpsになる。

 実際に、様々な環境設定で本作をプレイしてみたところ、解像度フルHDかWQHDであれば、画質を最高状態に引き上げても快適にプレイできた。対戦中のフレームレートもしっかり60fpsに張り付いていた。

 120fps上限のワールドツアーに関しては、フルHDでおおむね平均70~110fps、WQHDで60~90fpsといった具合に、ロケーションによってフレームレートが大きく変動していた。なお、バトルハブはロビー内の人数によっても負荷が変動するものの、ワールドツアーよりも若干安定したフレームレートで推移すると思われる。

 一方で、対戦中のフレームレートが60fpsを大きく下回る場合、画面描画がスローになる仕様があることも確認している。例えば、ワールドツアーCPU戦などでフレームレートが50fps以下に落ちた場合、描画が突然スローになり、正常なペースで試合が展開できなくなってしまうのだ。

 つまり、『ストリートファイター6』を快適に遊ぶゲーミングPCの実質的な条件は、「いかなるシーンでも60fpsをしっかりキープできる」性能と言える。そして、G-Master Velox II Intel Edition SF6フルHDやWQHDで遊ぶ限りは、十分にその性能を満たしていることがわかった。

公式ベンチマークソフトでも性能をチェック

 なお、『ストリートファイター6』には公式ベンチマークソフトもある。トータルスコアーは0~100で換算し、対戦は「FIGHTING GROUND」、バトルハブは「BATTLE HUB」、ワールドツアーは「WORLD TOUR」といった、3つのシチュエーションで平均フレームレートを算出してくれる。

 というわけで、こちらでもG-Master Velox II Intel Edition SF6の実力を確かめてみた。フルHD最高画質環境の計測結果は、トータルスコアーが100と文句なし。平均フレームレートも「FIGHTING GROUND」が59.99fps(実質60fps)、「BATTLE HUB」が108.27fps、「WORLD TOUR」が102.40fpsと、実際のゲームで計測した数値と大きく変わらなかった。

 なお、WQHD・最高画質環境でもトータルスコアーは100を記録した。平均フレームレートは「FIGHTING GROUND」が59.98fps(実質60fps)、「BATTLE HUB」が87.59fps、「WORLD TOUR」が80.16fpsと落ちたが、快適にプレイできる水準は満たしている。

 さすがに4K・最高画質環境になると、トータルスコアーは50に半減。どのモードでもフレームレートが50fpsを下回ってしまった。しかし、ミドルクラスゲーミングPCであることを考えれば当然だろう。

まとめ:『ストリートファイター6』推奨PCで強い奴に会いに行こう

 G-Master Velox II Intel Edition SF6は、『ストリートファイター6』を存分に堪能できるだけのポテンシャルを備えた優秀なゲーミングPCだった。安定した対戦プレイは当然として、ワールドツアーバトルハブといった上限120fpsエリアでも快適に遊べるはずだ。

 『ストリートファイター6』は新規プレイヤーを取り入れるために、様々な試みを盛り込んでいる。それゆえに、登場して1ヵ月ほどで対戦格闘ゲームシーンが爆発的に盛り上がっているのだろう。格闘ゲームを始めるにはまたとない機会と言えるかもしれない。本機を購入し、今こそ“俺より強い奴に会いに行く”のはいかがだろうか。

©CAPCOM CO., LTD. 2023 ALL RIGHTS RESERVED.

(提供:サイコム)

『ストリートファイター6』推奨PCを腕試し、フルHD・WQHDなら最高画質でも超快適


(出典 news.nicovideo.jp)

ストリートファイター6』(ストリートファイターシックス、STREET FIGHTER 6、略称『スト6』)は、カプコンより2023年6月2日発売の対戦型格闘ゲーム。 対応プラットフォームはPlayStation 4、PlayStation 5、Xbox Series X/S、Steam。また、アーケード版『ストリートファイター6…
39キロバイト (5,684 語) - 2023年7月20日 (木) 13:52



(出典 ascii.jp)



<このニュースへのネットの反応>