世界的に人気なMOBAジャンルのゲーム『League of Legends(以下LoL)』。eスポーツ種目としても人気な同タイトルだが、国内プロリーグLJL」の大会形式が、今年から大幅に変更された。これまでは国内の優勝チームが世界大会に出場していたが、2024年からは国内上位3チームがまずは「PCS 2024 Spring Split プレイオフ」(以下、PCSプレイオフ)に進出。そこで「PCS」地域および「LCO」地域の上位チームとともに、世界大会出場をかけて戦う形式となった。

【画像】練習部屋など現地での各チームの様子

 LJLからはV3 Esports(以下、V3)、DetonatioN FocusMe(以下、DFM)、Fukuoka SoftBank HAWKS gaming(以下、SHG)の3チームが参戦。久々の国際大会となったV3は経験不足もあって残念ながら早期敗退、世界大会常連のDFMも粘り強さを見せたものの、Stage1の最後で惜しくも敗退となった。

 Stage2のシード権を得ていたSHGは見事決勝戦進出を果たしたものの、最後に立ちはだかったPCS地域の強豪チーム・PSG Talonを相手に敗北し、最終的に準優勝という結果となった。

 今回、筆者は彼らの奮闘を直接見るべく「PCSプレイオフ」の現地取材のため台湾・台北へと渡った。ところが、開幕の数日前に「試合会場での取材はNG」との連絡が入ってしまった。

 そのため、今回は直接チームに取材を申し込むことに。快く引き受けてもらえることとなり、チームの滞在先でありPCSのスポンサーにもなっている「GRAND HILAI TAIPEI」へ数回に分けてお邪魔してきた。筆者が見た各チームの雰囲気や、豪華な練習環境を中心にレポートをお届けしたい。

■久しぶりの国際大会参戦! 多くの学びを得たV3 Esports

 LJL シーズン終盤、見事3位に滑り込み「PCSプレイオフ」の出場権を獲得したV3。現地に渡航したのはスターター5名とサブ1名、コーチ1名、マネージャー1名の総勢8名。非常にコンパクトな人員構成であったが、その分全員の距離感が近く、気心の知れた仲間という心地よい空気感が取材の短時間だけでもひしひしと伝わってきた。

 チームとしては世界大会「Worlds」の出場経験を持つベテラン・Ace選手が精神的支柱となり、インゲームでは韓国人TopレーナーのTaNa選手が中心となってチームを引っ張っていく。それをコーチが優しく見守るといったアットホームな雰囲気が印象的だった。

 「PCSプレイオフ」では残念ながら勝利を収めることができぬまま敗退となったものの、選手たちにとっては学びも多かったようだ。そもそも近年のV3の低迷を思えば、「PCSプレイオフ」に出場できたこと自体が素晴らしい躍進である。

 やはり今年から韓国人選手2名が加入したことが戦力強化に多大なる影響を与えたのは明らかではあるが、日本人選手たちが彼らについていこうと努力を惜しまなかったことがチーム全体の実力の底上げにつながったと見て良いだろう。

 今回は海外遠征に加えてオフライン大会ということもあって試合当日は選手たちの緊張もかなりあったようだが、Ace選手にお話を聞いたところ「改善すべき課題は見えている」とのことだったので、今後のV3のさらなる成長に期待したい。

■国際大会常連DFM、落ち着いた雰囲気は名門チームならでは

 LJLで幾度となく優勝を果たしてきた強豪・DFM。今シーズンも好調な滑り出しで優勝候補と謳われていたが、終盤で失速しLJL2位という結果で終えた。「PCSプレイオフ」では底力を見せて勝ち進んでいったものの、Stage2への最後の切符をあと一歩のところで逃し敗退。名門チームとしては、少々物足りない結果となってしまった。

 渡航メンバーはスターター5名とサブ1名、コーチ2名、マネージャーが1名にくわえてチームのオーナーである梅崎伸幸さんの姿も。DFMといえば昔から、良くも悪くもマイペースでクールな雰囲気が特徴的なチームである。メンバーが変わってもなぜか空気感はあまり変わらないのが面白いところで、今年から新たに加入したRayFarky選手も似たような雰囲気をまとっている。

 とはいえ今年のメンバーは、DFMにしては多少の“わちゃわちゃ感”がなきにしもあらずではあった。Harp選手とMilan選手の末っ子感とGismoコーチの独特なノリが、そう感じさせたのかもしれない。一方、試合ではほとんどのメンバーが特に緊張などもなかった様子を見せてくれるなど、落ち着いた雰囲気にはさすがの貫禄を感じざるを得なかった。

 では、なぜDFMは勝ち切れなかったのだろうか。長年DFMに在籍し、チームの顔ともいえるYutapon選手にお話を聞いたところ「今シーズンはチームとして成長できなかった感じがあった」とのこと。「PCSプレイオフ」で色々な強豪チームと戦ったことや、同じLJLチームのSHGが大健闘したことに刺激を受けて、今後また一致団結して強いDFMを見せてもらいたいと切に願っている。

■和気藹々とした大所帯、今一番勢いに乗っているチーム・SHG

 今シーズン、日本人で唯一のメジャーリージョン経験者・Evi選手が加入したことで注目を集めたSHG。シーズン序盤こそ苦戦したものの徐々にチーム力を蓄えていき、最終的に見事LJL優勝を果たした。「PCSプレイオフ」でもその勢いは止まらず、PCS地域の強豪チームを次々に倒し準優勝まで登りつめた。

 「PCSプレイオフ」のStage2のシード権を獲得したSHGは、ほかの2チームより1週間ほど遅れて現地入り。日程の関係で最後に取材したのがSHGとなったわけだが、こちらはとにかく大所帯。5名のスターターと1名のサブの選手たちが、とにかくワイワイ楽しそうにしているのが強烈な印象として残っている。上手く表現できないのだが、もしかしたらこれがLJL優勝チームの「余裕」なのかもしれない。

 3名のコーチ陣は全員が韓国出身ということもあり、一緒に行動していることが多く、ここもまた強固な関係値が築かれている印象を強く受ける。一方で、この大所帯をマネージャー1名で取りまとめていて「なかなか大変そうだな」とも感じた。だが、実際に様子を見ていると選手たちからはかなり頼りにされている様子がうかがえた。この大所帯が立場の垣根を超えて全員で和気藹々としているのは、なかなか珍しい気がする。

 Evi選手に話を聞いた際、「チームの雰囲気が良いと、良い循環になって、結果的にチームの成長につながる」といった話題になったのだが、まさにその通りの結果となったのだから素晴らしい。とても抽象的で感覚的な表現になってしまうが、勢いに乗っているチームならではの“オーラ”のようなものがSHGから感じられた。来シーズンもこの勢いを維持していければ、次こそは世界大会への切符を手にすることも可能なのではないだろうか。

■PCSチーム「CFO」のパブリックビューイング会場に潜入

 実は今回、PCS地域の強豪チーム・CTBC Flying Oyster(以下CFO)のマネージャーと知己の関係だったこともあり、特別にパブリックビューイングに招待してもらった。本来パブリックビューイングへの参加は申請制で、上限も50名と定められている。初戦ということもあって今回は満席とまではいかなかったようだが、多くの熱心なCFOファンが会場を訪れていたのが印象的だった。

 パブリックビューイングは「中国信託商業銀行(CTBC Bank)」本社ビルの一角で開催された。会場では応援グッズにくわえてハンバーガーやポテトチキンナゲットやピザがふるまわれ、飲み物もお茶やエナジードリンクが用意されるなど、まさに至れり尽くせり。

 正面にはMVP予測の投票箱が置かれており、参加者は用紙に自分の名前を書いて該当の選手の箱へ投票。試合後にMVP選手の投票箱からくじ引きが行われ、当選者にはタクシー割引券をプレゼントというイベントが催されていた。もちろん、試合中はプロジェクターの大きなスクリーンで試合が観戦でき、みんなで共にCFOを応援していた。

 この日の試合は3-0でCFOが圧勝。気持ちの良い勝利にファンのみなさんもご満悦の様子だった。さらに試合終了後には2名の選手が会場に駆けつけ、ファンミーティングを実施。個別にサインと2ショット写真の時間が設けられ、最後は選手と参加者全員の集合写真で締めくくられるという、非常に満足度の高いパブリックビューイングであった。

■日韓通訳として参加した「PCSプレイオフ」への所感と新たな夢

 ところで今回、筆者が急遽メディアインタビュー向けの日韓通訳として「PCSプレイオフ」に参加したことにも触れておきたい。普段はLJLの公式日韓通訳として活動しているため、仕事内容としてはそれほど変わらない。だが、個人的に経験したことや感じたことなどを最後に書き綴ってこのレポートのまとめとさせていただこうと思う。

 今回の「PCSプレイオフ」には中英通訳、中日通訳、日英通訳の3名が常駐しており、韓国語でのインタビュー環境は最初から用意されていなかった。詳細はわからないが、放送的に4ヶ国語となると非常にややこしくなるため日中英の3ヶ国語で収める方針になったのだろう。

 今後できることなら各言語の放送ごとに個別にインタビューが実施できれば多言語になるのは防げるので、大変だとは思うが韓国人選手にもインタビューの機会が与えられるよう運営側には是非検討していただきたい。

 また、筆者は日常会話程度の中国語も話せるので別言語の通訳者らとも交流することができた。彼らとの会話の中で印象的だったのが、「いつか日本でPCSプレイオフをやりたい」という話だった。

 LJL側からすると、元々あったPCSの大会形式にLJLが組み込まれたのだからこちらが出向くのが当然という雰囲気があったのだが、もしかするとPCS側は「LJLが仲間になった」というぐらいの認識なのかもしれない。いま思えば、関わったPCSスタッフのみなさんは現地で誕生日を迎えた筆者にプレゼントをくれたり、試合が長引いたときに差し入れをくれたりと、非常に歓迎してくれていた。

 世界的なeスポーツタイトルの大規模な国際大会を日本で開催するという夢は、すでにおなじくRIOT GAMESが運営するFPSタイトル『VALORANT』で叶えられている。『LoL』だと、さすがに世界トップレベルの「MSI」や「Worlds」を誘致するのは難しいと思う。だが、「PCSプレイオフ」であればチャンスはあるかもしれない。

 今回、SHGが日本のLoLの実力は決して低くないことを証明してくれた。我々ファンにできることは、パブリックビューイングへの参加やSNSでの応援チアボード、ハッシュタグへのSNS投稿などを通じて「日本の盛り上がりを可視化させること」ではないだろうか。もちろん、筆者も通訳や取材を通じて盛り上げに貢献できたらと考えている。「日本でPCSプレイオフを」という目標に向かってLoL関係者とファンが手をとりあって進んでいければ、そんな壮大な夢も実現する日が来るかもしれない。

(取材・文=スイニャン)

『LoL』国際大会「PCSプレイオフ」現地レポート


(出典 news.nicovideo.jp)

『リーグ・オブ・レジェンド』(League of Legends、略称: LoL(ロル))は、ライアットゲームズが開発した基本プレイ無料のマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナゲーム(MOBA)。対応プラットフォームは、Microsoft Windows、macOS。…
29キロバイト (3,955 語) - 2024年3月11日 (月) 08:59



(出典 esportsnewsjapan.jp)



<このニュースへのネットの反応>